« 2012年7月 | トップページ

優しい心

昨日の夕飯の時、ゴーヤチャンプルーを作ったのですが、息子は苦かったのか、口に合わなかったらしく、すぐにベーっと出してしまい、ほとんど食べませんでした。
はんぺんなら食べるかと焼いてあげたのですが、これもほとんど食べず。
仕方なく、チャンプルーを味を変えて作り直したのですが、できるや否や、食卓の椅子から降りてしまいました。
風邪を引いて、高熱が出て、体重が減ってしまったので、心配してタンパク質をとらせようと思って頑張っているのに、ちっとも食べてくれない息子に腹を立てて、つい怒鳴ってしまいました。

その後主人が帰宅して、話を聞いてくれたりして、私も落ち着いたのか、息子に対して悪かったなという気持ちが湧いて来ました。
寝る前に、「ママ、怒っちゃってゴメンね」と息子に言うと、そおっと私の指を握ってくれました。
なんだか、心がほろっとほどけたように感じました。
ああ、優しくていい子だな、とほっとする反面、自分が親として成長していないなと落ち込みました。
この優しい子をこのまま変わらずにまっすぐに育てたいと思いました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ